忍者ブログ
ご注意!
当ブログで使用している画像等の著作権・肖像権は本人、所属事務所、所属レコード会社に属します。
あくまでも純粋な応援目的のために使用しておりますので、関係者の方々にはご理解のほどお願い申しあげます。
問題がある場合は、早急に対応致しますのでご連絡いただけると幸いです。
また、使用している素材・画像等の二次使用を禁じます。

アバウト和泉
スマイレージの福田花音ちゃん推し。
カプヲタ。
某所の管理人。
写真厨の気がある。
推しメンと推しメン以外の交換歓迎!





連絡先:
info@ichigoism.com


Twitter:ichigoism
だって好きなんだもん!
当ブログは研究生から卒業生まで、全般的にHello!Projectを幅広く応援、溺愛してるブログです。
ただやっぱり推しの子寄りです。コメントはお気軽に♪


[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スマイレージ レコード大賞 最優秀新人賞 受賞おめでとう!!!


テレビを見ながら、本当に泣きそうでした。
家族と一緒だったので、がっつり泣きはしませんでしたが。
受賞発表の瞬間、本当にドキドキしたな。
正直、スマイレージが受賞するなんて無理だと思ってたから。
花音の「最優秀新人賞絶対とります!!」って言葉が大好きだったけど、他の方たちだって活躍されてたし、ね。

スマイレージが結成されてから、スマイレージのことをずっと見てきて、今、本当に幸せ。
スマイレージが大好きです。
本当に、おめでとう!!


「夢見る 15歳」がここまでかっこよくてたまらない、高まる好きな曲になるとは思ってもみませんでした。
とにかく、おめでとう。
そして、来年の飛躍を願っています。


\スマイレージ ブラボー!/

拍手

PR
スマ現場でよくお会いする某Hさんに見てるよ、と言われたので少しは更新しようじゃないかと思いまして(笑)
どうもこんにちは和泉です!
相変わらず生きてますよ。

最近は、
11/14 スマイレージ 美人ママ発売記念イベント@日本橋三井ホール 2回目3回目
11/21 スマイレージ 個別握手会 花音×2、サキチィー×3
に参加したりしていました。
※個別でサキチィーのが回数が多くなったのはたまたまです。
 ワケアリで1人1枚ずつ持ってたんですが、憂佳がサキチィー2枚になったので、その後トレードする気も起きずそのまま行ってきたまでです。


■スマイレージ 同じ時給で働く友達の美人ママ発売記念イベント(日本橋三井ホール)
2回目も3回目も見事に席運のない感じでしたが、あの日は他のことに気をとられていたりもしたので、あんな感じで良かったです。
内容は、
同じ時給で働く友達の美人ママ(ショート)
ちょこっとLOVE
(ツアーでやった曲のうち、くじで2曲選択)
夢見る15歳
スキちゃん
同じ時給で働く友達の美人ママ(フル)
という感じ。

選択部分は、2回目はあやちょが不正をして学級委員長とシューティングスター。
シューティングスターの出だしで見事に音を外したあやちょですが、本人も「やっぱり、ズルをするといけないんだな、って思いました」って言ってたのでまぁ面白かったし良いですよ。
あと、あやちょは「憂佳ちゃんファンの人も、ツアーの時にこの曲だけ青いペンライトに持ち替えてくれたりして嬉しかった」らしいです。
3回目は憂佳が引いて、乙女パスタに感動と学級委員長。
まさか2回も学級委員長聞くなんてね!
そして相変わらず乙女パスタに感動のノリ方が分からない。
ちなみに1回目はあすはデートなのに、今すぐ声が聞きたいと○○ がんばらなくてもええねんで!だったようです。

名古屋の分も補完しておくと、
1回目:しっかりしてよ!もう・スマイル美人
2回目:学級委員長・サンキュ!クレームブリュレの友情
3回目:ぁまのじゃく・シューティングスター
名古屋全回羨ましすぎるだろ…!
あー次にスマイル美人を聞く機会っていつになるんだろう…。

東京3回目には、ラストの同じ時給で働く友達の美人ママの時にサキチィー生誕サイ祭りもありました。
キレーに緑に染まってましたね^^
スキちゃんと連続だったので、持ち替えが皆さん大変だったようで(笑)
改めて、サキチィー14歳おめでとう!!!


■CDとかDVDとか
アイドルールとマイ・スクール・マーチはまだ買ってないというダメっぷり…。
土曜日に橋本でイベントがあるようなので、お、ナイス!とか思ってたら、その日予定あった気がするよ…。てな感じで行くか行かないかは分かりません。

真野ちゃんの「MORE FRIENDS」は明日明後日あたりにポストに届くはずです(笑)

今回、超占イトとキューティーミュージカルのDVDは買う予定(尼でポチった)だし、℃-uteの日のDVD見送ろうと思ったんだけど、
・オーコメが良いらしい
・超占イトにはないマイスターが入ってる
・この日のまいまいが髪型きゃわ(超占イトの収録日って可愛くなかった気がする)
・Danceでバコーン衣装の腹チラっぷりが堪んない
ってことで今更迷ってます…(ノ∀`)
ちなみにキューティーミュージカルはがっちゃん(バックバンドのドラムさん)目当てですので悪しからず。


■おわり
とりあえず、そろそろ今年1年間を振り返っていくような記事書こうかな、と思っております。

拍手

大阪公演が終わったわけではないので、ネタバレを含みたくなかったのですが、隠すと徹底的に隠すことになってしまうので、すべて表で感想なんかを。
一回しか観ていないので、比較できないのが悔やまれます。
あらすじ面は一切書いてません。
メンバーそれぞれについての感想が主です。

私が観てきたのは、9月24日(金)。

主役は、徳永千奈美。


この日の役回りは、
依子:徳永千奈美…主役。
糸江:菅谷梨沙子…昭和の子。ななみの姉。
明美:熊井友里奈…昭和のアバズレ。
琴絵:須藤茉麻…依子の友達の人。
香澄:清水佐紀…現代の看板娘。
万里子:嗣永桃子…レポーター。
緑:夏焼雅…香澄の友達。キーボード持ち。


一言で言うなら、これぞ大人の麦茶ワールド!

本当に、凄かった。
舞台の使い方や、時の表現の仕方なんかは、本当に本公演っぽい感じで、ゲキハロのちゃちい感じが無かったです。

正直、あまり期待していなかった主役の千奈美ですが、依子の素朴感が出ていて、本当に良かったと思います。
今のわたしに、Berryz工房に「推し」という存在が明確にいないからこそ、千奈美回で良かったなーと思いました。
この物語の、真の主役は「鈴木一郎」なのは言わずもがなですが、千奈美が主役として頑張ってる姿、というものにまず惹かれましたね。

琴絵役のまあさは、「全てを知っている人」。
語りも琴絵にあって、最初は不思議だったんですが、最後に納得しました。

香澄(佐紀ちゃん)と緑(雅ちゃん)はガールズバンドをやる仲。
劇中にムーンパワーを歌います。
初っ端、雅ちゃんの髪の色が落ち着きすぎていて、パッと見分かりませんでした。

万里子役の桃子は、桃子そのもの。
カリンちゃんとお互いのキャラを食い合い、見事にお互いのイイトコロを相殺しあっていたのが印象的でした。
ダブルでうざいぞーぅ☆笑
まぁ、カリンちゃんもカリンちゃんしているので、余計ですかね。

梨沙子の糸江は少女っぷりがやんちゃで、キュートでたまんなかったです。
糸江の梨沙子がぴったり!って思えるくらい。
女学生の華が梨沙子にはあって良かったですね。

で。熊井ちゃんの明美が、とにかくイイ!!!!!
本当に、初めて熊井ちゃんに惚れた。推せる!って思った。
そのくらい、熊井ちゃんが良かったです。
明美役は雅ちゃんか熊井ちゃんらしく、雅ちゃんの方がしっくりくるともっぱらの評判なんですが、雅ちゃんだと想像が付いてしまうので、この意外な役どころとして、熊井ちゃんの明美は素晴らしかったです。
背が高いことがかっこよくて、あの昭和のレトロな衣装が似合いすぎていて、浴衣を着流している姿も、最後利一に肩をかすシーンも、熊井ちゃんだからこそ「かっこいい女」に見えたんだと思いました。
もしこれがBerryz工房、熊井友里奈との初めての出会いだったら、完全に熊井ちゃん推しになっていたと思います。
レトロなロングスカート衣装を着た熊井ちゃんを見て、GSワンダーランドの栗山千明ちゃんがふと頭をよぎったのは内緒です。


三億円事件という比較的ヘビーな話題を扱い、本物のモンタージュ写真も舞台上に出てきて、途中重いなーと思うかもしれないですが、とにかくスピード感に身を任せてラストまでいってしまいます。
Berryz工房って凄いんだ、と改めて思う舞台でした。

DVD収録は梨沙子回だったようで、熊井ちゃんの明美が観れない事実というものが実は一番痛かったりします。
そのくらい、熊井ちゃんの明美が素晴らしかったです。

しかしレインボー主役というのは、本当に大変だっただろうなー。
既に千奈美とまあさと佐紀ちゃんは依子を卒業しており、大阪では残りの4パターンしか公演されませんが、できるなら観て欲しいな、と思います。
「ゲキハロ」という今までのある意味学芸会的な域を遥かに超えた舞台です。
今後のゲキハロのハードルが上がりまくってる気がして、不安もありますけどねん。

拍手

本当は、真野ちゃん主演の映画、新耳袋の舞台挨拶付き試写会にお誘いいただいて参加させてもらったので、映画の感想とかもっと早く書く予定だったのに、気付いたらもう9月3日ですって。
早いですねー。こわいこわい。

ああ、あとスマイレージが出演したアイドルユニットサマーフェスティバルも月曜日のみですが参加してますよ。


ということで、新耳に関しては、明日が公開初日ということもあり、追記部分にて。


アイドルユニットサマーフェスについてはそんなに書くこともないので…と思いましたが、雑感。

ハロー所属って、てらにゃのイメージが強くてツライかと思った時期もあるけど、
ハローだからこそ、C.C.Lemonホールのステージにスマイレージ4人だけで立つ機会が
今回のフェスティバルが初めてじゃない、という事実は大きいと思いました。
大きいステージの使い方、そこそこ大きいホールで楽しむ方法を既に身につけている、と言いますか。
あの日のスマイレージは大トリで、そりゃあDDもたくさんいただろうけど、あの場を完全にスマのものしたというのは凄かったですね。
めっちゃ緊張してたのこっちにも分かったけど。
憂佳がええねんでで歌飛ばしたりとかしてたし、声も怪しい部分いっぱいあったし。
それでも、スマヲタの贔屓目抜きにしても、スマが一番良かったよ!

確かに、乙パスよりぁまのじゃくが聞きたかったけど!
しかし乙パス、明日デート、クレームブリュレの流れがアツかったのも確かです。
ちょこラブはc/wのスマバージョンのアレンジになってたし、まぁ良かったな!
まるは花音からスタートでしてよ!花音の歌割多めだった気がする。
て憂佳、夢フィフの繋ぎイントロかっこよすぎだろ!!!!
美人ママは盛り上がることを狙いすぎてる感があるものの、楽しいし台詞可愛すぎ!


生歌主義のわたしとしては、スマの次に推せたのはbump.yですね。
桜庭ななみちゃんのオーラが凄くてビックリしました。
オーラ感が、梨沙子っぽかった、と言ったらベリヲタさんに何か言われそうですけど。

こうやって、事務所の枠を越えて同じステージに立つ機会は今後も少ないだろうし、
わたし自身はアイドルDDではないので見るのツライ部分も多いんですが、
お互いに刺激し合って、切磋琢磨できる仲になればいいなー、とメンバーのブログ等を見て思いましたね。

ほんと、外部への発信、という点でスマはハロー所属のグループの中でも異例の存在になりつつあるなぁ。笑
そう考えると、スマが出てきた時期っていうのは、恵まれてたのかもしれない。
もっと早く結成して、デビューもできただろうけど、このタイミングだったことに感謝すべきなのかも。
まぁ、今のアイドルブームが終わった時、スマも一緒に沈まないようにしなきゃいけないけどね。
「アイドル特集」的なの、ハローからはスマ、って決めてるのかもだけど、スマより先輩のベリキュとかもいるわけで…。
ただ、今回のアイドルユニットサマーフェスティバルとかはさ、ベリキュが出てきたら浮いてただろうし。
難しい部分ですよねー。

とつらつらとどうでもいいことを書き続けたので、この辺で終了。
まとまりがないのはいつものこと!

拍手

スマイルレシピの感想とか書きたいことはあるんですが、
ネタバレを含みそうなのでとりあえず日曜日の千秋楽が終わってから書くか考えます。
ええダメダメですね。


そんな中、少し気になるものが。
ガキさんとなっきぃが映画の撮影をしていたことは分かっていましたが、

「ほんとうにあった怖い話」

に出演するそうで。
ガキさんは一つのストーリーの主演。

で、ですよ。
五話のオムニバスなのはいいとして、その内一つの主演がハロプロエッグの高木紗友希ちゃん(さゆべぇ)だという事実ね!
最近のエッグの突然のお芝居系への力の入れようは正直不思議だったりします。
ゆうかりんの映画の時に、エッグ数人出てたけど、あの時点ではあの世代(佳林ちゃん~佐保ちゃん辺り)の舞台経験ある子が少なかったんだよね。
ここにきて、急に色んなメンバーにお芝居させてる感じがしなくもないんですよねー。

エッグについては現行の新人公演の終了、娘。オーデへの参加(年齢制限有り)等、色々と今話題になってるし、今年いっぱい見守るしかないのかな、という気持ちではいます。
多分現エッグを切るってことはそうそう無いとは思うんですけど、このタイミングで辞めたっぽい西念とかは気になりますね。



結局、何が言いたいのかって言うと、

外部のお芝居系の仕事を花音ちゃんに下さい!


いや、うん、スケジュール的にキツイの分かってるけど、スマイルレシピ見て、もっと凛とした、もっと輝いてる花音ちゃんが見たいな、って思ってしまったのです…。

拍手

| 前のページ | top | 次のページ |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
(C)だって好きなんだもん!  /  忍者ブログ [PR]
  /  Design by Lenny